【立川市の外壁塗装】外壁塗装施工事例|東京の外壁塗装会社イロドリ

東京都立川市 屋根塗装・外壁塗装・シーリング一軒家 二階建 施工事例

施工内容を詳しくご紹介します。

二階建一軒家の屋根塗装・外壁塗装・シーリング工事

立川錦町にある2階建ての一軒家を塗装させていただきました。「全体的に明るい色にしたい」という要望に応え、近隣のお家の色や、ご家族の色のイメージなどをヒアリングして外壁と屋根の色をオススメさせていただきました。
外壁の色は、元の小豆色から肌色に変え、屋根の色は、外壁の色に合わせて赤色から紺色にしたことで全体的に明るい色へと変化し、素敵な雰囲気のお家に変わりました。
塗料の種類は、30年W保証の耐用年数が最も長いアポリテックペイントという「長持ちする塗料」をお選びいただきました。
これまでお家の外壁塗装は、10年に1度の塗り替えというイメージでしたが、アポリテックペイントは耐用年数30年という3倍長持ちするコストパフォーマンスに優れた塗料です。アポリテックは高い耐用性だけでなく、独特のツヤがあり、見た目もとても良い塗料です。
塗装後にお客様から、「いい職人さんがいますね」と言われたのがとても嬉しく感じました。

外壁 Before

外壁 After

屋根 Before

屋根 After

塗装工事のきっかけ

Works - opportunity

“きっかけ” はネット検索から

他の塗料よりも長持ちする耐用年数30年のアポリテック塗料の情報を知り、インターネット検索した結果、アポリテック塗料を使用しているイロドリ株式会社のホームページを見つけ、豊富な施工実績や安心できる30年間の保証があったので依頼しました。イロドリ株式会社以外にも何社かお見積もりしていただきましたが、イロドリ株式会社が長期的に考えて料金がオトクでしたので選ばせていただきました。

塗料、シーリング、職人技術が合わさった高水準塗装

塗装工事の詳細情報

Works - Details

塗装場所 東京都立川市錦町
建物情報 建物の種類:一軒家(2階建)
屋根塗装・外壁塗装範囲:28坪/270m²
塗装期間 2019年4月12日~2019年4月28日
16日間(作業日数:12日間)
塗装箇所 外壁・屋根
工事開始
までの流れ
インターネット検索 > メールお問い合わせ > 外壁・屋根ドローン無料診断 > お見積もり > シュミレーション > シーリング工事・屋根塗装工事・外壁塗装工事
施工内容
(外壁塗装)
足場設置 > メッシュシート > 高圧洗浄 > 乾燥 > 下地調整 > 養生 > 塗装下塗り > 塗装中塗り >
塗装上塗り > 乾燥 > 1級塗装技能士確認 > 3ヶ月後最終点検・確認予定
施工内容
(屋根塗装)
足場設置 > メッシュシート > 高圧洗浄 > 乾燥 > 下地調整 > 養生 > 屋根塗装下塗り > 屋根塗装中塗り > 板金棟部分ケレン > 板金棟部分錆止め塗装 > 板金棟部分中塗り塗装 > 板金棟部分上塗り塗装 > 屋根塗装上塗り > 乾燥 > 1級塗装技能士確認 > 3ヶ月後最終点検・確認予定
施工内容
(シーリング)
足場設置 > メッシュシート > 高圧洗浄 > 乾燥 > シーリング撤去 > プライマー塗布 > シーリング打ち > シーリング押さえ > 乾燥 > 1級塗装技能士確認 > 3ヶ月後最終点検・確認予定
使用塗料 アポリテックペイント屋根用・アポリテックペイント壁用 / シリコン樹脂(プレミアムシリコン)
使用材料 <外壁塗装>
ひび割れ:Kモルタル(エポシキ系)
錆止め剤:SKマイルドボーセイ
フィーラー:一液水性微弾性サーフェーサー
<シーリング工事>
シーリング剤(オートンイクシード)
料金プラン スタンダードプラン
(屋根塗装+外壁塗装)+シーリング工事
塗装:1,150,000円(税抜き)

施工内容

Works - Contents

屋根塗装工事(コロニアル屋根)高圧洗浄

1. 施工前

屋根全体にコケや汚れなどが付着し、劣化している箇所がありました。汚れや劣化は、方角によって日照条件が違い、ばらつきがあるため気づかない場合もあります。汚れや劣化を補修・塗装することで、劣化放置による葺き替えリフォーム工事をすることなく大切なお家の寿命を延ばすことができます。

2. 高圧洗浄

エンジンタイプの高圧洗浄機を使い、屋根全体を強い圧力で洗い流します。一般的な市販の洗浄機とは違い、特殊なトルネードノズルから高圧な水を噴射することで頑固な汚れやコケを洗い流すことができます。塗装の中でも高圧洗浄作業はとても重要な作業です。汚れやコケを丁寧に洗い落とすことで、塗装した時に塗料が屋根に密着しやすくなり塗料の寿命を延ばすことができます。

屋根塗装工事(コロニアル屋根・板金)ケレン・錆止め・塗装

1. 板金・棟部分 / ケレン

屋根の頂点にあたる棟(ムネ)には金属が使われています。金属は錆が発生するため、錆止め塗装をする必要があり、塗装の粘着性を高め屋根の寿命を長持ちさせるために、塗装の前にケレンという錆や元の塗料が固まった塗膜を綺麗に落とす作業をおこないます。

2. 板金・棟部分 / 錆止め塗装

金属部分に専用の強力な錆止め剤を入れ、錆が発生しにくい屋根にします。錆止め剤を使用することで、屋根の錆や劣化を防ぎ、長持ちさせることができます。屋根はお家の中で最も太陽に照らされる箇所のため、一番劣化しやすい箇所です。よって、外壁などよりも強力な塗料を塗ることで錆や劣化に強い屋根にすることができます。

3. 板金・棟部分 / 中塗り塗装

屋根用遮熱系シリコン樹脂の1回目の塗装です。金属は塗料を吸い込まないため、ゆっくりと丁寧に施工していきます。ローラーの毛も短めの13ミリくらいのローラーを使用することで、綺麗に均一に塗装することができます。

4. 板金・棟部分 / 上塗り塗装

屋根用遮熱系シリコン樹脂の2回目の塗装です。同じ成分を2回に分けて塗装する理由は、塗膜自体に厚みをつけ、塗装の強度を上げ、劣化しにくい屋根にするためです。

屋根塗装工事(コロニアル屋根)塗装

1. 屋根塗装 / 下塗り

屋根塗装の下塗り塗装です。専用の色付き下塗りプライマーという道具を使用し、隙間なく塗料を均一に塗装していきます。下塗り塗装をすることで、塗料が屋根に吸い込み、中塗り塗料との密着性が上がり、塗料の耐久性を上げることができます。

2. 屋根塗装 / タスペーサー・中塗り

タスペーサーという屋根に隙間を作り、内部結露を防止する部材を屋根と屋根の間に挿入していき、アポリテックペイント屋根用1回目を塗装していきます。垂れないように注意しながら、均等な厚膜になるようにローラーを転がすことで、綺麗で耐久性のある塗装をすることができます。

3. 屋根塗装 / 上塗り

アポリテックペイン屋根用2回目最終工程です。塗りムラが出ないようキッチリ施工することで、塗膜に厚みがつき光沢を綺麗に出すことができ、屋根もしっかり守ることができます。

4. 屋根塗装 / 完成

十分に膜厚がつき光沢にムラが無いことがわかります。しっかりと施工することで屋根を紫外線や水から守り、大切なお家を長く使っていただくことができます。

屋根塗装工事(コロニアル屋根)ひび割れ補修

1. ひび割れ補修前

ひび割れや、欠けの具合で補修方法が変わります。このような小さなひび割れの場合、エポキシ系の樹脂で補修します。補修する時に裏側からはみ出し、隣の屋根とくっついてしまわないように注意しながら、補修しています。

2. ひび割れ補修後

しっかりと補修することで、ひび割れを改善しています。ひび割れを放置すると大きな劣化の原因にもなるため、小さなひび割れでも丁寧に補修することで、屋根の寿命を延ばすことができます。最後に上から丁寧に塗装し、色を均一にしていきます。

シーリング工事(サイディングボード・ジョイント)シーリング

1. シーリング施工前

シーリング部分が劣化し、ひび割れや、痩せの現象が発生しています。また、色褪せも出ています。この状態を放置してしまうと、ひび割れた間から湿気や汚れ、雨が外壁の中に入り腐食する原因になります。

2. 旧シーリング撤去

古いコーキング剤を撤去するため、カッターを入れて取り残しの無いようにしっかり丁寧に撤去していきます。この時に取り残しがあると、新しいコーキング剤の粘着力が弱まり、劣化やひび割れの原因にもなります。

3. プライマー塗布

下地処理や表面処理としてプライマーという塗料を丁寧に塗っていきます。この作業を怠ると、コーキングの密着性が弱まり結露や腐食の原因になってしまします。

4. シーリング打ち

コーキング剤をしっかりと充填することで、シーリングを長持ちさせることができます。ただ入れるのではなく、均一の量を入れていくことで、壁の強度を高めることができます。

5. シーリング押さえ

コーキング剤をヘラを使い、均一の力で押さえる事によりコーキング剤に圧がかかり隙間をしっかりと埋めることができます。この作業はとても難易度が高く、シーリング専門の職人だからできる“こだわり”の技術です。

6. シーリング工事完了

最後にテープを剥がし、完了です。シーリングは壁と壁の間を繋げるための大切な技術です。隙間が少しでもあると内部腐食の原因になることもあります。このシーリング技術があることで塗装が長持ちし、家を長持ちさせることができています。

外壁塗装工事(サイディングボード)ひび割れ補修

1. ひび割れ補修前

塗装施工前にヒビ割れ部分等をしっかりと確認し、ひび割れている箇所の状態を見て補修内容を変えています。今回の幅はコーキング剤充填で対応し、丁寧に補修していきます。

2. ひび割れ補修後

しっかりと充填し、ひび割れを埋めます。こうすることで、外観が綺麗になることはもちろんですが、さらに大きなひび割れを防ぐことや湿気や汚れを中に入らないようにすることができるため、大切なお家の寿命を延ばすことができます。

外壁塗装工事(サイディングボード)塗装

1. 外壁塗装 / 施工前

汚れやコケ、ひび割れ、欠損などが無いか徹底的に確認していきます。ひび割れなどがある場合には、先に補修していきます。

2. 高圧洗浄

パワーのあるエンジンタイプの高圧洗浄を使いコケや汚れをしっかり洗い流します。車や、近隣に汚れが飛ばないように注意しながら洗浄しています。洗浄が終わり乾燥させたら、養生をしていきます。

3. 下塗り・プライマー

下塗りに下地処理や表面処理として効果のある色付きのプライマーを塗布しています。しっかりと塗りムラが無いように塗布することで綺麗な外壁にすることと、塗装の強度を高めています。毛の長さ20mmのローラーを使うことで均一に塗ることができます。

4. 中塗り・アポリテック

下塗りをしっかり乾燥させたのち、アポリテック塗料を均一に塗布しています。アポリテック塗料は粘度が高い為、しっかりとした膜厚を付けるには専門的な技術が必要です。熟練の職人が丁寧に塗装することで外壁をより長持ちさせることができます。

5. 上塗り仕上げ・アポリテック

中塗りを十分に乾燥させたのち、再度アポリテック塗料を塗装していきます。下塗り・中塗り・上塗りと3度塗ることで塗装の強度を上げ、外壁の寿命を延ばすことができます。塗料のダレやカスレなどにも注意を払いながら塗装しています。

6. 外壁塗装 / 施工後

最後は、十分に乾燥させて完了です。アポリテックペイント塗料は特有のツヤがあり、非常に良い仕上がりになります。イロドリでは、アポリテック塗料を使用した場合、メーカー保証と施工保証の30年W保証が付くのでオススメです。

外壁塗装工事(サイディングボード)欠損部分モルタル補修

1. 補修前

欠損部分は、しっかりとプライマーを塗布することで補修剤の食いつきを良くすることができます。

2. 欠損部分モルタル補修

モルタルでしっかりと形成していきます。段差が出ないように、なだらかに補修することで、後の作業の肌合わせが綺麗に塗ることができ、強度も高めることができます。

3. 補修部分肌合わせ

隣りの部分と模様を合わせるために、模様をつけるための専用の塗料を使い、肌を合わせていきます。

4. 補修完了

肌を合わせて補修が完了です。この後に塗装を行い綺麗な元の状態に戻していきます。

外壁塗装工事(軒天井)塗装

1. 施工前

軒天井とは、外壁から外側に伸びる屋根の裏側の天井部分です。この軒天井も破風板(屋根の内部にある吹き込む風を防止するための板)と同じ塗料を使用して塗装していきます。

2. 下塗りフィーラー塗装

下地が凹凸の外壁のため、フィーラーという作業を行います。厚みのあるローラーを使用して下塗り塗料をしっかりと均一に塗ることで綺麗な仕上がりになります。

3. 中塗りシリコン樹脂塗装

下塗りを十分に乾燥させ、中塗り用のリコン樹脂塗料を丁寧に塗装していきます。中塗りを行うことで強度が上がり、外壁の耐用年数を延ばすことができます。

4. 上塗り仕上げ塗装

最後に上塗り仕上げ塗装を行います。上塗りも、中塗りと同じシリコン樹脂をしっかりと膜厚をつけて塗装しています。シリコン樹脂を2度塗ることで綺麗な光沢が現れます。

5. 施工完了

全ての作業が完了です。この後に一級塗装技能士が最終チェックを隅々まで行い。問題がなければ、お客様にもしっかりと確認していただき、塗装終了となります。

“こだわり”の塗装ポイント

Works - Preference

“こだわり” ポイント 01最適な塗装には点検が重要

1F部分のバルコニー下軒天井が腐食し、水が回ってる心配があったため、万が一のことを考え塗装工事前に軒天井を外して点検させていただきました。結果、下地の木部まで水が回っていたため、バルコニー防水工事のご提案をさせていただきました。防水工事では、軒天井をしっかりと塞いで水が回らない状態に戻し、その上から耐久性のある塗料を下塗り、中塗り、上塗りと三度厚めにと塗ることで、耐久性が高く、腐食しにくい外壁にすることができました。

バルコニー防水工事

“こだわり” ポイント 02小さな破損も見逃さない

屋根の瓦や内側にある破風板(屋根の内部や瓦の下に吹き込む風を防止するための板)が欠損していたため、しっかりと補修して新築と同じように再現し、塗料を厚めに塗ることで耐久性を高めました。これにより、破損しにくい屋根になり、塗替え頻度を減らすコストパフォーマンスに優れた塗装になります。

屋根クラック補修

“こだわり” ポイント 03近隣の方への配慮を徹底

高圧洗浄作業の際は、近隣との距離や、車庫の車との距離が近かったため、飛散に注意して洗浄作業させていただきました。また、工事開始前には、近隣の方へ施工期間などをお伝えするお声掛けも行なっております。

高圧洗浄

職人の感想

Works - Impression

お客様との会話を大切に

塗装期間後半で天気が悪くなり、塗装の工程に注意しながら作業を進めたことで、綺麗で満足のいく塗装を行うことができました。また、お客様と毎日のように顔を合わせて細かい要望も聞けたため、モチベーションアップにも繋がり、とても良い塗装を行うことができました。
お客様とはなるべく会話するよう心がけ、お客様にとって一番喜んでいただける塗装ができるように心がけて塗装させていただきました。

屋根塗装

お客様の声

Works - Voice

出来栄えがイメージ以上

以前はシックでオシャレな落ち着きのある色でしたが、家の雰囲気や近隣の家とのバランスを考え明るい色にしたいと思っていました。イロドリさんに色のことを伝えたところ、たくさんのオススメの色をご提案していただき、30年の保証があり、綺麗なツヤが出るアポリテックの肌色にすることを決めました。塗装作業では、職人の方が定期的に相談していただき、とても安心できました。完成後もイメージ以上の出来栄えでとても嬉しく感じています。また機会がありましたら、よろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。

家の外観

- Contact -

お問い合わせ

なんでもお気軽に
お問い合わせください!

「外壁塗装の費用はどれくらいかかるの?」
「屋根塗装の期間はどのくらいかかるの?」
「外壁塗装はどれくらい長持ちするの?」

どんな些細ことでも構いません。
お気軽にお問い合わせください!
心を込めて、丁寧に対応させていただきます!

- Recruit -

採用情報

共に成長できる
最高の仲間がいる。

イロドリは外壁塗装・屋根塗装・ブロック塀塗装などの外壁塗装工事を行う外壁塗装業者として多摩地域 No.1 を目指す株式会社吉田が立ち上げたブランドです。外壁塗装・屋根塗装の「高度な技術・新しい技術・プロと言われる技術を身に付けたい!」という熱意ある人を募集しています。

Access

アクセス

イロドリ株式会社

イロドリロゴ

あきる野店

〒197-0828
東京都あきる野市秋留2-2-7
坂本ビル102

Tel : 042-843-6919

Fax : 042-843-6949

営業時間 9:00〜21:00

秋川駅より車で3分

イロドリ株式会社

イロドリロゴ

立川店

〒190-0022
東京都立川市錦町2丁目6-10
M&Tビル1階

Tel : 0120-042-843

Fax : 042-843-6949

営業時間 8:30〜19:00

JR立川駅南口より徒歩5分

多摩モノレール立川南駅より徒歩3分

施工エリア

Area

対応エリア

八王子市、町田市、府中市、調布市、西東京市、小平市、三鷹市、日野市、立川市、東村山市、多摩市、武蔵野市、青梅市、国分寺市、小金井市、東久留米市、昭島市、稲城市、東大和市、狛江市、あきる野市、清瀬市、国立市、武蔵村山市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、檜原村などの多摩地域を中心に東京都・神奈川県・埼玉県が対象地域となります。
※その他の地域に関しましては、ご相談ください。